MENU

BIGLOBE WiMAX2+利用中のあなた

BIGLOBE WiMAX2+で、ある程度は満足してデータ通信が利用出来ているあなた。でも正直言えば、次のような不満を感じ始めていませんか?

 

・バッテリーの持ちが悪くなってきた..

 

・最新データ端末ならば、もっと通信スピードが速いのに..

 

そうなんです。最初に購入したルーター端末を使い続けていると、このような不満を感じてくるのです。

 

データ端末のバッテリー

 

WiMAX2+データ端末(ルーター)の電池は、スマホ等でも使用されているリチウムイオンバッテリーという、小型・軽量の優れたバッテリーを使用しています。でもこのリチウムイオンバッテリーも、あくまでも消耗品です。

 

使用期間が長くなると共に、経年劣化していき、最終的には使い物にならなくなってしまいます。実感としては、1年半ほどすると、電池の持ちの悪さを感じる始める人が多いです。

 

バッテリーを交換するという方法もあります。ただし、機種によって、バッテリー交換可能な機種(NEC製 WX03,WX04等)と、不可能な機種(Huawei製 W03,W04,W05等)とがあります。

 

バッテリー交換可能なWX03,WX04の電池パックは、UQアクセサリーショップで販売しています。ただし、価格はWX03電池パックが3186円(税込)、WX04電池パックが3402円(税込)、それに送料が全国一律540円掛かります。

 

この金額は、本サイトで後ほどご紹介する機種変更の方法よりも高くつきます。バッテリー交換できない機種については、auショップに持ち込んで、有料で電池交換することになります。auショップでバッテリー交換に要する期間は、1〜2週間が目安となります。

 

通信スピード

 

WiMAX2+のデータ端末機器は、機種によって対応できるスピードが異なります。最新機種程、スピードが速いです。

 

あなたの現在使用している機種は何ですか?ちょっと比較表を見てみて下さい(下り最大通信速度)。

 

WX02 220Mbps
WX03 440Mbps
WX04 440Mbps
W02 220Mbps
W03 370Mbps
W04 758Mbps
W05 758Mbps

 

最新機種のW05では、通常のWiMAX2+通信時で最大558Mbps、ハイパフォーマンスモード設定&ハイスピードプラスエリアモード利用時で最大758Mbpsまでの速さを実現できます。

 

旧機種と最新機種とでは、3倍以上も通信スピードが違うのです。旧タイプの機器を利用していても、最新機種を利用しても、BIGLOBE WiMAX2+の月額料金は同金額。

 

契約したタイミングで、これだけスピードに差があることを知ると、ちょっと愕然としますよね。

 

自分は旧機種で220Mbpsしかなくって、同じ値段で最近契約した人は758Mbpsで通信できていることを知ったら、「自分も新しい機種に変更したい!」と思って当然です。

 

BIGLOBE WiMAX2+でデータ端末の機種変更するには?

BIGLOBEでWiMAX2+の契約をした人でも、データ端末機器を変更することは可能です。

 

 

プロバイダによって、途中で機種変更出来るプロバイダと、出来ないプロバイダがあります。BIGLOBEは機種変更できるプロバイダに該当しますので、ある意味ラッキーです。

 

ただし、厳密に言うと、交換ではなく、新たなデータ端末機器を購入する、という手続きをとります。

 

購入手続きは、BIGLOBE ではなく、UQ WiMAXで行ないます。端末の価格は、あなたの現在までのWiMAX2+契約期間によって異なります。

 

最新機種であるW05を新たに試してみたいと思った場合、現在までのWiMAX2+契約期間によって、次のような端末購入価格となります。

 

12ヵ月未満20,000円
13〜18ヶ月12,000円
19〜21ヵ月6,000円
22ヵ月以上0円

 

BIGLOBE WiMAX2+を契約して22ヵ月以上経過すれば、無償で機種交換出来ますが、22ヵ月未満ですと、6千円から2万円の端末購入費用が発生します。あなたは現在契約して何カ月が経過していますか?無料になるまでの期間はあと何ヶ月ですか?

 

そう考えると、まだまだ待たないといけないかもしれませんね。22ヵ月経過するのを、じ〜っと待ってなんて、いられないですよね。

 

しかも、22ヵ月以上での無償購入にも条件が付随します。

 

条件とは

 

・無償購入後、6ヶ月以内にWiMAX解約した場合には、売買契約が解除され、

 

1. 端末の返還
2. 返還しない場合、違約金として2万円(税抜)を支払う

 

22ヵ月以上での無償購入する場合でも、この条件を承知の上でとなります。

 

22ヵ月も待てないあなた。ほぼ無料で機種変更する方法があります

BIGLOBE WiMAX2+で端末機種変更するのに、契約後22ヵ月未満の場合は、6千円から最高2万円の費用が発生してしまうのは、ちょっと嫌だ。

 

「他に何か良い方法はないの?」というあなたに、お勧めの方法があります。

 

それは、BIGLOBE WiMAX2+の契約をいったん解約して、他社プロバイダの「乗り換えキャンペーン」を利用することです。

 

乗り換えキャンペーンでは、あなたが現在利用中のBIGLOBE WiMAX2+の解約違約金を、新たなWiMAX2+プロバイダが負担してくれます。

 

だから、心配な違約金なしに、プロバイダ乗り換えするのと同時に、データ端末の機種も新しいものに変更することが出来るのです。

 

違約金を負担してくれる「乗り換えキャンペーン」を実施しているWiMAX2+のプロバイダは、Broad WiMAXです。Broad WiMAXは、他社からWiMAX2+乗り換えの際、現在のプロバイダの違約金を上限19,000円まで負担してくれます。

 

BIGLOBE WiMAX2+の解約違約金は、契約後12ヶ月までの場合が一番高く、19,000円になります。従いまして、ちょうどピッタリ解約違約金の全額がカバーされることになります。

 

Broad WiMAXの方では、初期費用無料(18,857円のところ)、最新端末代も無料となります。掛かる費用は、事務手数料の3千円のみとなります。

 

この端末機種変更方法は、まったくの無料ではありませんが、ほぼ無料と言いました通り、事務手数料の3千円のみとなります。

 

かなりお得にデータ端末機器(ルーター)の機種変更が出来る方法と言えます。

 

Broad WiMAXの乗り換えキャンペーンを利用する際は、一応以下の点は認識しておいてください。

 

・ギガ放題プランは初月から月額3411円

 

Broad WiMAX2+のギガ放題プランを新規で申し込みした場合、最初の3ヵ月を定額プラン(別名ライトプランの月間データ量7GBまでの制限付きプラン)と同額の2726円で使用でき、毎月685円、3ヵ月合計で2055円お得になります。

 

乗り換えキャンペーン利用時には、この3カ月間特別料金は適用されません。ただし、通常の方法でBIGLOBE WiMAX2+を解約して、新規にBroad WiMAX2+ギガ放題プランを申し込みしたら、違約金が19,000円発生しますから、やはり乗り換えキャンペーンを利用した方が、断然お得です。

 

・初期契約解除制度を利用したら無効

 

初期契約解除制度を利用して、8日以内にキャンセルした場合は、BIGLOBE WiMAX2+の解約違約金として支払われるキャッシュバック金額(上限19,000円)は無効となります。

 

 

これら以外は特に大きな注意点はありませんので、現在BIGLOBE WiMAX2+を利用中で、22ヵ月経っていないけど、いますぐに端末機器の機種変更をしたいと思っている方は、Broad WiMAX2+の、乗り換えキャンペーンを是非利用してみると良いでしょう。